ウーマン

シャンプーを使わない湯シャンとは|健康的な頭皮環境を整えられる

冷えは万病のもとになる

靴下

温めたいから

温活は、女性が冬時期に意識する内容で、体力中等度以下で、手足の冷えを感じたり下肢の冷えが強く、下腹が痛くなる未病を改善させる活動です。女性は美容と健康を食から意識し、バランス化を図ります。特に代謝を促したり、デトックスなどの健康美には水分が必要不可欠です。いつでもどこでも水分補給が行えるよう、最近では保温性のあるマイボトルが利用されています。温活では飲み物の種類を変えるだけで冷えを改善できます。例えば、リラクゼーション効果もあるコーヒーブレイクは一般的ですが、酸化酵素が働く紅茶に置き換えるのが適しています。ホット限定であるものの、フレーバーティーは自分の好みで作れるのも魅力で、マイボトルを持ち歩く女性の利用メリットと言われています。一例には、ショウガオール成分が身体を芯から温め、代謝を上げてくれるために生姜紅茶や、血管を拡張する作用のあるシナモンティーは抹消部まで循環を改善してくれる飲み物です。またコーヒーは身体を冷やしやすいものの、一工夫として血流改善に繋がり、若返り効果で注目されているポリフェノールを含む純ココアを加えるだけで温効果が期待できます。

内側が冷える

女性の中には内臓までが冷えてしまう機能低下によって、知らず知らず、未病をもたらしています。内臓の働きは、食べた物を消化・吸収し、胃腸の負担をサポートしています。ただの冷えと勘違いし、風邪をひきやすく、お腹までが冷えて便秘や下痢を繰り返しやすくなるため、健康改善には深部を温める温活がポイントです。意識的より、自然に行える改善もポイントになります。特に医療機関などでも勧められているのが、腹巻きです。腹部には大動脈があるため、効率よく血液を温めてくれます。温活は、冷え性の女性が季節柄行うのではなく、内臓冷えを含めて通年化させる必要があります。ほんわかと温めるため、妊活やホルモンの減少でデリケートな身体つきとなる更年期を意識する女性にも効果的です。代謝低下に繋げないことで、年齢を重ねる度に太りやすくなる悩みまでが腹巻きを巻く温め方1つで改善できます。